I お問い合わせ I プライバシーポリシー I
Total Flight Operation System Study Group
航空運航システム研究会
印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

平成30年度通常総会および年次研究会のご案内

2018年5月28日更新

日時:平成30年6月16日(土)
会場:東海大学 高輪キャンパス2号館大講義室

通常総会:
受付開始 12:00
12:30~13:00 平成30年度通常総会

年次研究会:
メインテーマ:「技術革新と人間のかかわりあい」
参加費: 会員 無料、 一般 2,000円 (学生 1,000円)
総合司会TFOS理事 篠原一彦

13:00~13:05 年次研究会開会挨拶  TFOS 副会長 重久 修

13:05~14:00事故調査研究部会「航空機事故防止への取り組み」  朝日航洋顧問 辻 康二

14:00~14:50 自動化部会「自動化部会の成果と今後の方向性」  TFOS理事 菅野 聡

14:50~15:10 休憩

15:10~16:10 航空システム部会「近年のサイバー攻撃と新しい抑止の手法」  Blue Planet-works 吉澤 清司

16:10~17:10 リスク部会「情」と「理」-リスクとクライシス 記者の目から-  TFOS会員 元毎日新聞社 成田支局長 黒川将光

17:10~17:30 質疑応答

17:30~17:40 まとめ   TFOS会長 池田良彦

懇親会:17:50~19:50 東海大学4号館食堂(会費 4,000円)


講演者紹介(講演順)

1 事故調査研究部会
報告者   辻 康二
報告者紹介
元首席航空事故調査官で、現在朝日航洋航空事業本部顧問
1984年 東京工業大学卒業、同年、旧運輸省航空局技術部検査課入省。
2013年、航空局交通管制部運用課長。
2014年、運輸安全委員会事務局首席航空事故調査官。
2016年、大阪航空局関西国際空港長。
2017年、朝日航洋株式会社顧問
演題   「航空機事故防止への取り組み」
報告概要 航空安全の行政官や航空事故調査官としての経験を踏まえつつ、朝日航洋の航空事故防止への取り組みについて紹介する。

2 自動化部会
報告者   菅野 聡(副部会長)、
報告者紹介 住商エアロシステム TFOS理事
航空自衛隊OB、戦闘機操縦者(F2、F15、F4、F1)
FSX開発(新型機開発)、F2部隊建設(松島)、航空幕僚監部、監理監察 安全主任(航空事故調査、飛行安全)、航空総隊 防衛部(航空作戦、運用、演習)、航空支援集団 監理監察官
演題 「自動化部会の成果と今後の方向性」
報告概要 5年前から再開した自動化部会の活動内容および検討結果を紹介し、社会環境や技術の発達に伴う人と航空機、システム、教育訓練等の環境を踏まえて、今後の自動化部会の活動の方向性を提案します。

3 航空システム部会
報告者  吉澤 清司
報告者紹介 
株式会社 Blue Planet-Works , Senior vice president
演題  「近年のサイバー攻撃と新しい抑止の手法」
報告概要 サイバー攻撃は増加の一途を立っています。2020年オリパラに向けては、さらに加速することが予想されます。近年のサイバー攻撃の事例を紹介するとともに、その防御、特に大規模攻撃にもつながるエンドポイント攻撃からの守りについて説明します。

4 リスク部会
報告者   黒川 将光
報告者紹介 TFOS会員 元毎日新聞社 成田支局長
1981年 毎日新聞社入社、東京写真部記者、1985年 社会部成田支局記者
2005年 デジタルメディア局「アウロス」(現・デジタル毎日)編集長
2007年 社会部成田支局長、2013年 社会部多摩総局記者
演題    「情」と「理」~リスクとクライシス 記者の視点から~
報告概要  日々、メディアでは事件事故が報道される。その報道は情と理の2つの要素か ら成り立っている。「情」とは人情、あるいは「なさけ」など、人間の感情を指す意味がある。一方、「理」は理論、あるいは論理などだ。この2つのキーワードに航空機事故の実例を引きながら、事故が一般にどのように受容されていくかを明確化したい。


会場
東海大学 高輪キャンパス 2号館大講義室

アクセス
地下鉄 三田線(南北線)「白金高輪」駅下車「1番」出口より桜田通りを五反田方面(左)、都ホテル東京(右手奥)前を左折。徒歩8分
スクリーンショット(2012-05-20 7.51.50).png


                以上

お問合せ先:
 TFOS事務局tfos@tfossg.com (日本ヒューマンファクタ研究所内)
 TEL03-6402-1561(土日不在)


※内容は変更される可能性があります。


ページの先頭へ

平成29年度TFOSシンポジウムのお知らせ

2016年11月13日更新

日時:平成29年11月25日(土)10:40~17:10(受付開始:10:00~ )
会場:東海大学 高輪キャンパス 2号館大講義室
参加費:会員 無料、 一般 2,000円、 学生 無料
懇親会:17:30~19:30  会費:会員 4,000円 (一般:3,000円 会員勧誘キャンペーン中)

メインテーマ:「技術革新と人間のかかわりあい」(副題:ノンテクニカルスキルを考える)

総合司会 (TFOS会員) 相原 磨世

10:40-10:50 開会挨拶 TFOS副会長 重久修

10:50-11:50 「航空危険行為処罰法」の運用実態と適用上の課題  TFOS会長 池田良彦

11:50-13:00 昼  食

13:00-14:00「Human Error対策としてのCRM教育」 日本航空 調査役機長 石川 宗

14:00-15:00「Team STEPPSを基にした医療の質・安全とチームワークの実践」 亀田総合病院 医師 鈴木 真

15:00-15:20 コーヒーブレイク

15:20-16:20「鉄道におけるノンテクニカルスキルを高める取組み」JR東日本研究開発センター安全研究所 榎本 隆司

16:20-16:50 質疑応答

16:50-17:10 まとめ TFOS会長 池田良彦

17:30-19:30 懇親会 (東海大学 高輪キャンパス 学生食堂)


講演者紹介(講演順)

池田 良彦(いけだ よしひこ)
テーマ「航空危険行為処罰法」の運用実態と適用上の課題
 同法は、航空に関する危険行為を処罰する法律だが、人的被害が発生しなくても抽象的な危険を処罰できるという不明確さがあり、同法の適用事例を題材に検証し、問題点を検討するものである。
1990年 東海大学総合教育センター助教授
2000年 東海大学法学部教授 / 東海大学大学院法学研究科教授
2016年 東海大学法学部客員教授 
先進安全自動車推進検討委員会(ASV-6)委員
航空安全情報・自発報告制度(VOICES)運営委員
 専門分野は刑事法。とくにヒューマンエラーを、刑事過失責任論の中でどのように犯罪構成要件を明確化するかについて、運輸事故(航空事故、鉄道事故、船舶事故)などを中心に検証している。

石川 宗(いしかわ はじめ)
テーマ「Human Error対策としてのCRM教育」
AccidentやIncidentを防止するために行っている訓練の中で、CRMに関するものを中心に紹介します。
運航訓練審査企画部 調査役機長
運航訓練部 767訓練室 飛行訓練教官
1992年 東北大学理学部卒業
1995年 運輸省 航空大学校卒業・日本航空入社
2010年 747-400 機長
2011年 767機長

鈴木 真(すずき まこと)
テーマ「Team STEPPSを基にした医療の質・安全とチームワークの実践」
医療現場において最も重要な安全を担保するために重要なことはメンタルモデルの共有である。それを共有するためにはコミュニケーションが重要であり、なんでも話せる組織文化の醸成をするためにはどうすべきか?日々の疑問からシミュレーション教育を仲介して解決することを試みている。「知っている>できる>やっている」を現場で実現することに日々奔走していることをご紹介します。
亀田総合病院 産婦人科部長、総合周産期母子医療センター長 兼務
昭和大学医学部
日本産科婦人科学会産婦人科専門医・指導医
Team STEPPS マスタートレーナー

榎本 隆司(えのもと たかし)
テーマ「鉄道におけるノンテクニカルスキルを高める取組み」
 日本の鉄道はルールを守ることで高い安全性を保ってきた。一方、ルールの形式的な徹底のみでは従事員が多様な状況に対応できないおそれがある。本発表では鉄道において実際に発生した状況に応じて社員が的確に判断、行動する能力(平常時・異常時のノンテクニカルスキル)を養う取組みの実例を紹介する。
2010年 立教大学大学院現代心理学研究科修了・東日本旅客鉄道株式会社入社
2011年 水戸支社土浦運輸区 車掌
2013年 水戸支社勝田運輸区 運転士
2014年 水戸支社運輸部指令室 指令員
2015年 JR東日本研究開発センター安全研究所 研究員


会場
東海大学 高輪キャンパス 2号館大講義室

アクセス
地下鉄 三田線(南北線)「白金高輪」駅下車「1番」出口より桜田通りを五反田方面(左)、都ホテル東京(右手奥)前を左折。徒歩8分
スクリーンショット(2012-05-20 7.51.50).png


                以上

お問合せ先:
 TFOS事務局tfos@tfossg.com (日本ヒューマンファクタ研究所内)
 TEL03-6402-1561(土日不在)


※内容は変更される可能性があります。


ページの先頭へ

平成29年度通常総会および年次研究会のご案内

2017年6月2日更新


日時:平成29年6月24日(土)12:30~17:40
場所:東京工科大学 3号館 10階 31001階段教室1
(JR蒲田駅西口より徒歩2分)

総会:
12:30~13:00 平成29年度通常総会(会員のみ)

年次研究会:(参加費 会員:無料  一般:2,000円  大学生:無料)
13:00~13:05 年次研究会開会挨拶 副会長
13:05~14:00 気象情報の高度活用による航空機運航の効率化について 又吉直樹                 
14:00~14:50 石油化学プラントにおけるサイバー攻撃と保安管理体制の関係について 岡谷貢
14:50~15:10 コーヒーブレーク       
15:10~16:10 航空事故調査と責任追及の制度について 池田良彦
16:10~17:10 大規模な空港におけるリスク感覚 熊谷直也
17:10~17:30 質疑応答
17:30~17:40 研究会のまとめ 会長 池田良彦

懇親会:(会費 4,500円)
17:50~19:50 

以上

アクセス
JR蒲田駅西口より徒歩2分
京急蒲田駅より徒歩約15分

img_campus_kamata20110719.jpg

以 上

※内容は変更される可能性があります
※会員以外で参加をご希望される方は、information@tfossg.comまでご連絡下さい。



ページの先頭へ

平成28年度TFOSシンポジウムのお知らせ

2016年11月13日更新

日時:平成28年12月10日(土)

受付開始:10:00~ 
シンポジウム :10:40~17:10
参加費: 会員 無料、 一般 2,000円、 学生 無料

懇親会: 17:30~19:30  
懇親会会費: 会員・一般 4,000円 

会場:東京海洋大学 品川キャンパス 楽水会館講堂 (JR品川駅から、約徒歩約10分)
メインテーマ:「技術革新と人間のかかわりあい」
(副題:自動化の行方は?)

 司会  村田陽子
10:40-10:50 開会挨拶 TFOS総務理事 桑野偕紀
10:50-11:50 「事故の本質」 航空自衛隊OB ㈱日立製作所(TFOS会員) 重久 修
11:50-13:00 昼  食
13:00-14:00 「自動車の自動運転とその課題」 筑波大学副学長・理事(TFOS会員) 稲垣敏之
14:00-15:00 「最新鋭旅客機(A350)の自動化」 A350導入準備担当機長 宮下  篤
15:00-15:20 コーヒーブレイク
15:20-16:20 「人工知能の可能性」 日本電気株式会社 林 雄代
16:20-16:50 質疑応答
16:50-17:10 まとめ TFOS会長 池田良彦
17:30-19:30 懇親会 (海洋大学 学生会館)           
                                       以 上
お問合せ先: TFOS事務局tfos@tfossg.com; (日本ヒューマンファクタ研究所内)TEL03-6402-1561(土日不在)
東京海洋大学 品川キャンパス 楽水会館講堂 (港区港南4-5-7 Tel 03-3471-7441)
JR品川駅港南口(東口)から徒歩で「みたて橋」を渡って約7分 、校門を入って20メートル左側
注:天王洲アイルからは約20分です。

落水会館.png

※内容は変更される可能性があります
※会員以外で参加をご希望される方は、information@tfossg.comまでご連絡下さい。



ページの先頭へ

平成28年度通常総会および年次研究会のご案内

2016年6月10日更新

概要
通常総会及び年次研究会
日時:平成28年7月2日(土)12:30~17:30
場所:東京海洋大学 越中島キャンパス 越中島会館講堂(JR線京葉線 越中島駅から徒歩約2分)

総会:

受付開始 12:00
12:30~13:00 平成28年度通常総会
 

年次研究会:

(参加費 会員:無料  一般:2,000円  大学生:無料)
 
13:00~13:05 年次研究会開会挨拶 理事 桑野偕紀
13:05~14:00 航空システム部会
 「英国管制システム障害に関する分析」  理事 相原磨世
14:00~15:00 自動化部会
 「操縦室の自動化”の教訓と、システム安全性確保の動向」 会員 佐竹伸正
15:00~15:20コーヒーブレーク
15:20~16:10 事故調査部会
 「医療事故調査制度について」 外部講師 北野達也
16:10~17:10 リスク部会
 「パニック発生の懸念が災害対応に与える影響」  外部講師 野上達也
17:10~17:30 質疑応答
17:30~17:40 研究会のまとめ  会長 池田良彦懇親会:
17:50~19:50 (会費 4,000円)
 
お問合せ先:
TFOS事務局(日本ヒューマンファクタ研究所内)
tfos@tfossg.com
TEL03-6402-1561(土日不在)

よろしくお願いします。




ページの先頭へ

平成27年度通常総会および年次研究会のご案内

2015年5月31日更新

概要

日時:平成27年7月4日(土)12:30~17:30
場所:東海大学 高輪キャンパス2号館大講義室 (白金高輪駅下車、出口1から左に進み、徒歩約8分)
通常総会:12:30~13:00 平成27年度通常総会

年次研究会: 13:00 メインテーマ:「技術革新と人間のかかわりあい」
参加費: 会員 無料、 一般 1,500円、 学生500円 

13:10~13:15 年次研究会開会挨拶 
13:15~14:25「飛行教育と安全」
14:25~15:10「航空システム障害事例の分析に基づく教訓作成」
15:10~15:30 休憩
15:30~16:15「リスク部会:安全・安心を再考する」
16:15~17:00「自動化部会:人が技術の進歩の中で」
17:00~17:20 質疑応答
17:20~17:30 まとめ
懇親会:17:45~19:45 東海大学4号館食堂(会費 4,000円)


お問合せ先:TFOS事務局(日本ヒューマンファクタ研究所内)℡03-6402-1561

年次研究会 要旨紹介

1 基調報告

報告者 城殿 保(前TFOS参与)

演題 「飛行教育と安全」
航空自衛隊が実施する飛行教育の中で、安全確保のための方策としてノンテクニカルスキルの活用を進めている。その方策と現状を紹介

2 航空システム部会

報告者 相原 磨世(システム部会長)
    目黒 達生(情報処理推進機構)

演題  「航空システム障害事例の分析に基づく教訓作成」
政府が定める13の重要インフラ分野の1つに航空があります。航空システム分野のシステム障害の事例を分析し、それにより得られた教訓と対策を整理・体系化した上で、再発防止策を、業界を越えて横断的に広く共有する仕組みの構築を目指す取り組みについて紹介します。

3 自動化部会

報告者 菅野 聡(自動化副部会長)
    久野 保之(自動化部会)

演題 「人が技術の進歩の中で」
航空関連技術の進歩の中で、人が航空機等との関係において安全を確保するために為すべきことの検討を進めてきました。そのまとめと、人を管理する個人認証についての最新動向を紹介します。

4 リスク部会

報告者  柴田 伊冊(リスク部会長)

演題  「安全・安心を再考する-」
CRMから始まり、組織の安全文化まで射程に置くことになった「安全・安心」ですが、広く海外まで視野を広げると様々な分野で「差異」があることが分かります。「安全・安心」の到達すべき方向が同じであったとしても、「安全・安心」が重要であるとするには、我々は何か見失っているように思われます。そうしたことについての一考察(試案)を紹介します。


会場

東海大学 高輪キャンパス 2号館大講義室 道順
地下鉄 三田線(南北線)「白金高輪」駅下車「1番」出口より桜田通りを五反田方面(左)、都ホテル東京(右手奥)前を左折。徒歩8分


アクセス
下鉄 三田線(南北線)「白金高輪」駅下車「1番」出口より桜田通りを五反田方面(左)、都ホテル東京(右手奥)前を左折。徒歩8分
スクリーンショット(2012-05-20 7.51.50).png

以 上

※内容は変更される可能性があります
※会員以外で参加をご希望される方は、information@tfossg.comまでご連絡下さい。



ページの先頭へ

平成26年度TFOSシンポジウムのお知らせ

2014年11月16日更新

日時:平成26年12月6日(土)受付開始:10:00~ 
場所:東海大学 高輪キャンパス2号館大講義室 
(白金高輪駅下車、出口1から左に進み、徒歩約8分)

参加費: 
  シンポジウム:会員 無料、  一般 2,000円
  懇親会:会員・一般 3,000円 

メインテーマ:「技術革新と人間のかかわりあい」
サブテーマ:「新しい航空安全に向けて」

10:30-10:40 開会挨拶
10:40-12:00 「私にとっての航空の安全」 航空評論家 前根明
12:00-13:00 昼  食
13:00-14:00 「航空安全行政について(SMSの現状とSSPの導入)」(仮)
14:00-14:30 質疑応答
14:30-14:50 コーヒーブレイク
14:50-17:20 パネルディスカッション「航空安全にはたす我々の役割」
17:20-17:30 まとめ
17:40-19:40 懇親会 東海大学4号館食堂 (会費3,500円)

アクセス
下鉄 三田線(南北線)「白金高輪」駅下車「1番」出口より桜田通りを五反田方面(左)、都ホテル東京(右手奥)前を左折。徒歩8分
スクリーンショット(2012-05-20 7.51.50).png

以 上

※内容は変更される可能性があります
※会員以外で参加をご希望される方は、information@tfossg.comまでご連絡下さい。



ページの先頭へ

平成26年度年次研究会のご案内

2014年6月3日更新


日時:平成26年6月28日(土)13:30~17:30
場所:東海大学 高輪キャンパス2号館大講義室 
(白金高輪駅下車、出口1から左に進み、徒歩約8分)

参加費: 
  シンポジウム:会員 無料、  一般 2,000円
  懇親会:会員・一般 3,500円 

メインテーマ:「技術革新と人間のかかわりあい」

13:10~13:15 年次研究会開会挨拶
13:15~13:55「情報セキュリティと航空安全について」
13:55~14:45「今後の戦闘機操縦者に求められるもの、選抜、育成」
14:45~15:05 休憩
15:05~16:05「AF447便大西洋墜落事故から学ぶ事故是正対策」
16:05~16:55「羽田空港の安全管理と危機管理‐1日17万人の国際化と東日本震災以降‐」
17:20~17:30 まとめ
17:45~19:45 東海大学4号館食堂(会費 3,500円)

アクセス
下鉄 三田線(南北線)「白金高輪」駅下車「1番」出口より桜田通りを五反田方面(左)、都ホテル東京(右手奥)前を左折。徒歩8分
スクリーンショット(2012-05-20 7.51.50).png

以 上

※内容は変更される可能性があります
※会員以外で参加をご希望される方は、information@tfossg.comまでご連絡下さい。


ページの先頭へ

平成25年度TFOSシンポジウムのお知らせ

2013年11月3日更新

日時:平成25年12月7日(土)受付開始:10:00~ 
場所:東海大学 高輪キャンパス2号館大講義室 
(白金高輪駅下車、出口1から左に進み、徒歩約8分)

参加費: 
  シンポジウム:会員 無料、  一般 2,000円
  懇親会:会員・一般 3,000円 

メインテーマ:「技術革新と人間のかかわりあい」
サブテーマ:「新しい航空安全に向けて」

10:30-10:40  開会挨拶
10:40-12:00 「ザ!救難飛行艇US-2」開発から運用まで(仮題)
12:00-13:00 昼  食
13:00-14:20 「MRJ - Made in Japan - を世界の空へ」
14:20-15:20 「自動化部会活動状況報告」 -自動化と無人化-
15:20-15:40 コーヒーブレイク
15:40-16:40 「CDMを支援する情報共有の基盤技術」
16:40-17:20  質疑応答
17:20-17:30 まとめ
17:40-19:40 懇親会 東海大学4号館食堂

アクセス
下鉄 三田線(南北線)「白金高輪」駅下車「1番」出口より桜田通りを五反田方面(左)、都ホテル東京(右手奥)前を左折。徒歩8分
スクリーンショット(2012-05-20 7.51.50).png

以 上

※内容は変更される可能性があります
※会員以外で参加をご希望される方は、information@tfossg.comまでご連絡下さい。



ページの先頭へ

安全工学シンポジウム2013のオーガナイズドセッションに参加します

2013年6月14日更新

「安全工学シンポジウム」(日本学術会議主催)は,安全工学に関する各分野における問題点提起,優れた研究成果の講演と技術交流により,安全工学および関連分野の発展に寄与することを目的とし,年1回、開催されています。
航空運航システム研究会(TFOS)は、「安全工学シンポジウム2013」のオーガナイズドセッションLに「航空分野における安全に対する新しい取り組み」と題した発表を行います。

発表日時:平成25年7月5日(土)16:20~18:20 
場所:日本学術会議(東京都港区六本木7-22-34)第 2 室 6 階会議室 6-A(1)
参加費:無料

参加方法等詳細は、日本学術会議のホームページをご参照下さい。

<発表内容>
共通テーマ: 航空分野における安全に対する新しい取り組み

L-1 航空運航システム研究会の活動
L-2 日本の国の「かたち」から安全を考える
L-3 将来の航空交通システムと安全
L-4 自動化から無人機へ
L-5 社会安全と法システム

以上



ページの先頭へ

平成25年度通常総会および年次研究会のご案内

2013年5月11日更新


日時:平成25年6月29日(土)12:30~17:30
場所:東京工科大学 蒲田キャンパス 3号館 10階 階段教室
(JR蒲田駅西口より徒歩2分)

参加費;会員無料、 一般2,000円

総会
12:30~13:00 平成25年度通常総会(会員のみ)

年次研究会
メインテーマ:「技術革新と人間のかかわりあい」
総合司会:TFOS理事 桑野 偕紀

13:10~13:15 年次研究会開会挨拶       TFOS副会長 前田 荘六
13:15~14:15「障害事例に学ぶソフトウェアの品質とリスク」 TFOS会員 松田 宏
       「航空会社におけるATCコーディネーター」  TFOS会員 中田 一夫
14:15~15:15「日本における無人機の課題と展望」 JAXA久保 大輔、富士重工 友永 行信
15:15~15:35 休憩        
15:35~16:55「福島原子力発電所事故から航空安全へ」  TFOS会員 柳田 邦男
16:55~17:20 質疑応答
17:20~17:30 まとめ         TFOS会長 池田 良彦

懇親会
17:45~19:45 東京工科大学12階ラウンジ(会費 3,000円)
以上

アクセス
JR蒲田駅西口より徒歩2分
京急蒲田駅より徒歩約15分

img_campus_kamata20110719.jpg

以 上

※内容は変更される可能性があります
※会員以外で参加をご希望される方は、information@tfossg.comまでご連絡下さい。



ページの先頭へ

平成24年度シンポジウムへのご参加ありがとうございました

2012年12月14日更新

12月1日に開催された平成24年度シンポジウムは多数の参加者に恵まれ、とても盛況な会となりました。誠にありがとうございます。

DSC01023.jpgDSC01024.jpgDSC01027.jpg

DSC01030.jpgDSC01034.jpgDSC01045.jpg

内容のお問い合わせ等についてはinformation@tfossg.comまでご連絡下さい。

ページの先頭へ

平成24年度TFOSシンポジウムのお知らせ

2012年11月2日更新

日時:平成24年12月1日(土)受付開始:10:00~ 
場所:東海大学 高輪キャンパス2号館大講義室 
(白金高輪駅下車、出口1から左に進み、徒歩約8分)

参加費: 
  シンポジウム:会員 無料、  一般 2,000円
  懇親会:会員・一般 3,000円 

メインテーマ:「技術革新と人間のかかわりあい」

10:30-10:40  開会挨拶
10:40-12:00 「変わります運輸安全委員会~業務改善アクションプラン~」
12:00-13:00 昼  食
13:00-13:50 「CDMの実現に向けて~事例から学ぶCDMの必要性~」
13:50-14:40 「自動化に関わる最新状況について」
14:40-15:10 コーヒーブレイク
15:10-16:00 「アジア太平洋地域における航空事故調査の協力について」
16:00-16:50 「多数機関による救難などのヘリの一体運用は可能か?」
16:50-17:20  質疑応答
17:20-17:30 まとめ
17:40-19:40 懇親会

アクセス
下鉄 三田線(南北線)「白金高輪」駅下車「1番」出口より桜田通りを五反田方面(左)、都ホテル東京(右手奥)前を左折。徒歩8分
スクリーンショット(2012-05-20 7.51.50).png

以 上

※内容は変更される可能性があります
※会員以外で参加をご希望される方は、information@tfossg.comまでご連絡下さい。



ページの先頭へ

TFOSジャーナル寄稿募集

2010年9月24日更新

 11月27日(土)のTFOSシンポジウムにて配布する、TFOSジャーナルへの寄稿を募集します。会員の皆様の積極的な御寄稿をお待ちしております。

 寄稿要領は以下の通りです。

  • 航空安全や社会安全などテーマは自由です。(論文、書評など)
  • 刷りあがり10頁未満(1頁1200字)
  • 締切10月30日(土)
  • 提出方法はワードで作成したものを、添付ファイルでinformation@tfossg.comに送ってください。

 なお原稿は、編集委員会で掲載の可否を審査させていただきます。

ページの先頭へ