I お問い合わせ I プライバシーポリシー I
Total Flight Operation System Study Group
航空運航システム研究会
印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

救急または救難目的の飛行と安全のバランス

2011年12月1日更新

目    次

趣旨 「救急又は救難目的の飛行と安全のバランス」
  
1 事例から学ぶ
 1)阪神淡路大震災等におけるヘリコプターの活動から課題と対処を考える 
 2)東北関東大震災におけるドクターヘリ、防災ヘリの活動から課題を考える
 3)飛行中の急病人発生-エアライン(主に国際線)の場合-
 4)急病人発生! 乗客の心肺停止などの緊急事態への対処
 5)緊急事態における安全確保の一手法
 6)外科医からみた航空医療搬送の課題
 7)ドクターヘリ運航と安全確保(寄稿)
 8)航行中の航空機内における救急事案に対する地上支援について
 9)福岡空港の航空機事故総合訓練から学ぶ
 10)民間航空機及びドクターヘリに関連する救急医療の諸問題(寄稿)

2 周辺から学ぶ
 1)プライド 任務・使命感 利益
 2)救急又は救難に関する考え方の日米の相違に関して:運航管理の視点から
 3)災害時における情報共有とその活用・効果について
 4)救急救難の飛行安全について 
 5)救急・救難における航空機整備の役割
 6)エマルゴ訓練(災害救難模擬訓練)を振り返る
 7)救急救難と法整備
 8)東日本大震災における航空安全確保について

3 意見投稿


本書籍に関するお問い合わせは、information@tfossg.comまでご連絡下さい。

ページの先頭へ

What's New

ページの先頭へ